はらみせにゃんぽとかわいい白子

2007年06月03日 16:06

にゃんぽ「かまえ」





にゃんぽ「・・・はふん」




昨日、ビニール袋をぺろぺろしていたにゃんぽが、
側にいた子猫に驚いてパニックになって家中を走り回りました。
ビックリした子猫たちが隅っこに固まっておりました。

***

今日の子供たち。
白子 330g
まだら子 400g
縞子 400g
白子が大きくなれないのは、まだら子のしりを
吸っているせいなのかも。
ミルク以外のものを飲んでるせいで、お腹がいっぱいなのでは、と。



かわいい白子。





かわいい!





ミルクを飲み終わると、三匹でこねくりまわりながら遊んでおります。
そういう姿を見るとにゃんぽに足りないものはこれだったのだなあ、と思うのでありました。
だからこそ、おむしとなかよくなれたとはいえ、
やはり、噛みつき合う子猫を見ていると、にゃんぽは寂しい幼少期だったなあ、と。
これからにゃんぽとまだら子が仲良くなって、
ころころする姿を見たいです。


2006年6月3日のにゃんぽち



クリックで去年の記事に飛びます!


人気blogランキング

にほんブログ村 猫ブログへ
ぽっち。


拍手変更してみました。お返事は表にします。皆様のコメントへのお返事の続きにくっつけまして、相変わらず、かき込んでくださったご本人にのみわかるようにお返事させていただきます!無記名になさりたい方は、「名無し」と記入して頂いてもかまいませんよー!
  


コメント

  1. ミケ子 | URL | 97NY29kU

    こうやって大きくなってきている姿を見ると感慨深いものがあります。

    また去年のにゃんぽち様のポンポン、たまらないです。

  2. (=^・^=) | URL | -

    まだら子ちゃんの数日前の写真ちっちゃくてあまり良くかわいいお顔が見えませんでした。
    まだら子ちゃんのUPの写真是非見せてください。

  3. Maquio | URL | -

    お!余裕の腹見せにゃんぽくん!!と思ったら
    子猫ニャンが側にいるだけでパニックになってしまうんですね・・・(汗)
    なかなか存在に慣れないものなのですねぇ★
    白子ちゃん、かわいい・・・うるうるオメメがたまりませんッ!
    小さなお爪もかわいい(*^^*)
    おちび時代をきょうだいと過ごせるって幸せなコトですよね。
    猫社会のルールも学べるし・・・。
    鯛もチビッコの頃からひとりぽっちなので
    噛みつき加減が全く分かってないデス(ーー;)
    超痛い・・・さらにキックも猛烈です。

  4. こがね | URL | -

    うちの子もだ・・。
    一人っ子だったから歯が・歯力が肉食獣。
    カリカリで毎日鍛えているし・・。
    でも小さい頃は瞳も青くて耳が大きくて、本っ当にかわいかった。
    今では瞳すら獣。

    さて、わたくし、まだら子好物ですよ。
    早くにゃんぽと遊ぶ姿が見たいです。

  5. mik | URL | 0QjNWJMw

    子猫たちのお耳が、顔の横から頭の上へと、だんだん動いてきた感じ。
    うちの猫たちも拾われてきた当初は、これより気持ち大きいくらいでした(体重も)。思い出すなあ。
    きっと育児は大変でしょうが、こーんなかわいい赤ちゃん猫たちと一緒に過ごせて、とってもうらやましいです。

  6. ひろみ | URL | -

    ミケ子さん
    にゃんぽ腹もとんでもない事になっていますが、子猫腹はますますぽんぽこです。おむつ足もかわいいし、時折歩きながら転ぶ姿もまた!!


    (=^・^=)さん
    というわけで、本日はまだら子にしました(笑)おもしろいお顔のまだら子をよろしくです!

    Maquioさん
    いえいえ、余裕とまではいきませんが、子猫がふいうちでいたからびっくりしただけなのです。側にいるのが分かっていれば大丈夫なんですよ!
    ミルク飲みあとの交流を見ていると、本当に兄弟同士で過ごす時間の大切さが理解できます。

    こがねさん
    肉食獣にならないためにも、生後に花月程までは姉妹で過ごせたらなあ、と思います。今、一番小さい白子は負けてる感じなのですが、たまに「ふぎゃん」とか泣いているのは強く噛まれたからだと思うので、そうやっておぼえていけよ、と生暖かく見守っております(笑)

     mikさん
    そういえば、初めてミルちゃんキクちゃん写真がアップされたとき、これよりやや大きいかな?程度でしたよね。懐かしい。そんな二人ももう二歳ですもんね~。月日が過ぎる事の早さが身にしみます。それにしても、本当に、乳飲み子を育てる歓びは、何事にもかえられませんねえ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marumarukajitsu.blog69.fc2.com/tb.php/159-8be6cdae
この記事へのトラックバック