スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nくん

2009年08月27日 13:40

ふー




言葉は難しい、ということもありますし、最近は私も何も書かなくなってますが…
どう書いても絶対的に誤解は免れない、というのがあるのでブログが簡素になり、更新が減った、というのも…

ふーひとはかなしい

ネコを大切にするのは、ネコが好きだからか?というようなことを以前書いてみて、うまく言えずに消しました。私は、好きだから、という気持ちからではないです。少なくとも、ネコが好きだから生きていて欲しいわけではないです。言葉にすると空々しいですが、苦痛を感じる生き物が苦痛の中で暮らすことを想像することが、私にとって苦しいから、そうなってほしくないと思う、つまり、私のためです。

人は自分のためにしか生きられない、と私は思っています。
だから、にゃんぽやしなもんがうちにいるのも、私が苦痛から逃れるためであって、彼らがそれで幸せだと確信したことはありません。幼くして死ぬことと、閉じ込められて生きながらえることと、どちらが幸せかを私は知らないからです。

理解できない人もいるかもしれません。私のこの理屈は理解されにくいと承知しています。それでも私は、自分のためにそうした、という表現方法しか見つけられません。にゃんぽに死んで欲しくなかったのも、しなもんに死んで欲しくなかったのも、目に入るだけのネコ(ネコ以外も含)を見ると、死んで欲しくないと願うのも、全部私が苦しいからであって、そうなるとそれは、ネコのためでは決してない、と私が感じている、ということなのです。

何がいいたいのかな~なんというか、ものすごく辛い気分になったのですよ。
以下略











コメント

  1. 雲之庵 | URL | -

    ひろみさんがぽっちゃんを保護してくれたおかげで,私はこうしてモニターの前で「なんぽ,今日もモフモフーだねー♪」なんて言って脂下がっていられるんですよ。

    ありがとう,ひろみさん。

  2. kaduriye | URL | -

    ついつい

    つい今日はレスしています。ひろみさんがつらそうなので。

    わかるわかるとはいいませんが、ひろみさんの言ってること、なんとなくわかるような気がしました。

    多かれ少なかれ動物を飼っている者は
    そんな気持ちを持つんじゃないかな、と。

    いくら保護を委託されたからといって、
    私も猫飼いのはしくれ。
    ウチのZoeだって幸せかどうかなんてわかんないし、
    果たして幸せなんだろうか、なんてことをよく考えます。

    もしかしたら自分の納得いく満足いくことを
    やっているに過ぎないかもしれない、
    なんてことも考えますよ。特に薬を沢山飲ませていると。

    でも、にゃんぽさんとしなもんさんが
    苦しい目にあわず今を生きているのは
    良かったと思います。思いたいです。

    なんかいま、釧路動物園のタイガを思い出しました。
    1年半でも障害があってもタイガが生きた時間が
    不幸せだったとか、人間の満足だけだとは思いたくないです。

    あ、長くなりました。すんません。。。

  3. しば | URL | -

    はじめまして…

    私もそのジレンマによく陥ります

    保護せずにお外で自由に暮らしていた方が幸せだったのではないか
    保護したとしても、うちではなく、他にご縁のあるおうちがあったのではないか

    遊んであげているつもりで、実は遊んでもらっているのではないか
    撫でているつもりで、実は撫でられているのではないか

    自分のワガママでこの子達をうちに縛り付けているだけではないのか

    考えても考えても、答えはわからず
    ただただ
    この子達が感じる不自由や苦痛をなるべく少なくしてあげるように努力するしかできない

    それも自己満足でしかありませんが ^^;

    あ…
    何が言いたいのかわからなくなってしまいました~
    すいませ~ん ><

  4. レイナ | URL | -

    自分勝手なわたしなんかは、昔は犬を飼っていて犬派とかなんとか言いながらも、今は猫を主に飼っていて完全猫派なんて言ってます。
    ここのところちょい鬱気味で凹んでいたんですが、"かりん"がずっと側についていてくれて、有り難いなぁなんて思ったんですが、それだってわたしからの「ありがとう」であり、それを思うこと自体、自己満足なんです。
    でも自己満足万歳!でいいとも思っています。だってわたしと家族と猫と犬と、それらが生きている世界は、わたし自身が感じる自分ワールドであり、自分のワールドの質を高めて生きやすく過ごしやすくするのは、全部わたしのためなので。それらもすべて自己満足だと言えるでしょう。
    自己満足に浸りきった自分ワールドに大いに満足して、そしてその中で猫たちがまぁまぁごきげんそうな顔で過ごしてくれれば、それでオールOKです。
    前からひろみさんがこういったことをとても辛そうに書かれている時に、なにか言葉にしようと思っていたんですが、どうにもうまく表現出来ずにいました。今だってまとまっているとは決して思いませんが、自己満足や自分ワールドに関しては、人から評価されるものだとは思いません。今自分が幸せを感じていられればうまく回ってるってことだし、そうでなければ軌道修正をするだけです。すべて自分のために。

  5. 幸ネコ | URL | -

    なんぽもしな子も幸せです
    ひろみさんが生きていて欲しいと思っているから

    自分のためであることは誰かのためであったりもします

    文字で伝えるのは難しい時もあるけど…
    元気だして、ひろみさん

  6. こがね | URL | -

    すみませんねぇ

    私もわたしなりにひろみさんの意見に同意です。
    捨てられていた猫を放っておくことが後々嫌な気持ちなるってわかっていたから連れてきてしまった。
    病気になって苦しむ姿を見るのは私が辛いから
    毎年すごく嫌がってるのにワクチンに連れて行く。
    でもうちに帰ると迎えに出てきてくれてうれしい。
    なでるとごろごろいってくれてうれしい。

    ネコたちに癒されているけど、私があの子たちを癒してないのはわかってる。

    ネコを飼うのは自己満足なんですよ、私の。
    あの子たちの幸せ度だって自己解釈だし。
    こんなこと考えると嫌になるから考えるのだってやめちゃうくらい自分勝手だし。

    ・・なに言いたいのかわからなくなってきたけど、
    ひろみさんの気持ちは理解できるし、辛い気分もわかります。

    そして、なんぽとしなこの存在も私にとって大切だからね。私にとって(強調)

  7. nori | URL | -

    本当に…

    ブログの文章って難しいです。
    私も何時間もかけて書いた自分の思いを何度も消したことあります。
    理解されないだけならともかく、誤解されたり、人を不快にしたり、また不快になった人に不快にされたりするのは怖いですね。

    >幼くして死ぬことと、閉じ込められて生きながらえることと、どちらが幸せかを私は知らないからです。

    これは私もいつも思います。

    ガリガリの野良猫を見ると「野良は可哀想」と思いますが、のびのびとしている野良猫を見ると「自由があっていいな」とも思います。

    結局自分の心にどう映っているか、だけなんですよね。

    ふすまの向こうから好奇心に溢れた目でこちらを見ていたにゃんぽちくんは、少なくとも不幸な子には見えませんでしたよ(^^)

  8. やまり | URL | -

    私は数年前、転勤先で白黒の地域猫と知り合いました。
    ぱんちゃんと勝手に呼び、仕事から一度家に帰ってペットボトルに水を詰め、キャットフード持参でほぼ毎日遊びに行っていました。
    (ぱんちゃんは、近所のマンションの駐車場に「間借り」していました)
    ある日の事、いつも元気いっぱいのぱんちゃんが元気がなく、動きません。
    見ると足に大怪我をしています。
    翌日、キャリーバックを買い、獣医さんに連れて行きました。
    獣医さんに、
    「足が腐りかけている。治療する気はあるか」聞かれ、用意していった10万円を前払いしました。
    切断寸前だったとも言われました。
    一人暮らしのマンションに置いておけないし、私の仕事は出張があるから。
    入院させて、治してもらうしかありません。
    一日置きにお見舞いに行き、途中で自分から5万円を追加で支払いました。
    首にカラーを巻き麻酔でぐったりしていましたが、最終的には後遺症も無く元通りになりました。
    ぱんちゃんを助けたのは自分のためです。
    ぱんちゃんが歩けなくなる姿を見るのが辛いから。
    獣医さんに連れて行かなかった事を後悔したくないから、自分が辛い気持ちになりたくないから。

    ひろみさんのblogを拝見して、この時の事を久しぶりに思い出しました。

  9. ひろみ | URL | -

    みなさまコメントをありがとうございました。

    なんというかうまく言えてませんが、昔、友人がとてもネコに対して冷たくするのでそれを指摘したところ「あなたはネコが好きだからそう思うかもしれないが」と言われたことがあります。違うんですよ、それがそもそも違う。
    ネコが好きだから、じゃないんですよ。好きなものに優しくして、きらいなものに冷たくするのって簡単ですよね。でも、他の生命に、個人の感情が干渉するのは良くない、と思う…というのか

    私はうねうねした虫が嫌いなので、彼らをなるべく見たくないですが、だからといって死に絶えればいいとは思っていなくて、できれば目につかないところで無事寿命を全うすればいいな、と思います
    私がさまざまな生物を好きでも嫌いでも、どちらの感情であろうとも、彼らにはそれなりに元気に健康で、迫害されること無く生きる権利というものがある、と思うわけです

    にゃんぽもしなもんも、ある程度安心して暮らしてくれればいいと思います。怖すぎることや辛すぎることがないように。

  10. はつえ | URL | -

    今回の記事、UPして下さって本当にありがとうございました。
    世の中には様々な意見があるのでしょうけれど、私には限りなく心の底からうなずける言葉ばかりでした。

    『嫌いだから無くなっちゃえ』
    そんな感情は昔からあったのかしら?
    このところの世の中のよくない出来事は全てそんな感情に起因しているような気がします。

    『元気に健康で、迫害されること無く生きる権利というものがある』

    人間に対してだけじゃない、ひろみさんのこの言葉にとてもほっとしました。
    なんと言うのか、あぁ、こんな人がちゃんといてくれたんだ、と。安らいじゃいました^^。
    みんながそうだったら、世界中みんなが幸せになれるだろうに!

    っと、ずっとロムばかりでしたがこれだけはお伝えしたいとコメントさせて頂きましたm(__)m。
    これからもN氏&S嬢のご活躍を楽しみにしています♪

  11. ナルト | URL | -

    理解されにくいという事はないと思います
    動物と暮す人は少なからず同じような事を思うのではないでしょうか?

    わたしも子ネコを拾います
    自分が拾わなかった時その子ネコが
    どうなるかって事を想像するのが辛いから拾います
    それでネコが幸せかどうかはあまり考えた事がありませんでした

    でもまあ 良いかって思います
    「うちに来たのが運のつき(?)と思って諦めておくれ」と
    言う事にいたします

  12. S | URL | -

    初コメです。お邪魔します。いつも楽しみに拝見いたしております。
    おっしゃること、とてもよく分かりますよ。二匹の飼い猫を今年の6月7月、続けて亡くしましたが(15年、19年)、同じようなこと、いつも家族で話していました。
    とても共感できたので、コメントさせていただきました。

  13. ひろみ→ナルトさん、Sさん | URL | -

    コメントありがとうございます

    放置しててすみません

    あと、ナルトさん、てぶろにコメントありがとうございました。間違って消してしまいました…ごめんなさい!

  14. ひろみ | URL | -

    追伸
    ナルトさんへー

    こちらで謝らせていただきましてすみませーん、でもこっちのほうが話しやすいので 笑

  15. keiko | URL | -

    ひろみさん、数年ぶりでコメント書かせて頂きました。ひろみさんの心の辛さがとてもよく伝わったので、書かずにはいられませんでした。私は子供の頃から動物がいて、だけど両親は人並みの愛情でしか動物に接することがなく、飼っている猫が粗相をするたびに捨てるだのと脅されたり、実際に勝手に誰かに上げるだのされて、とても辛い思いをしてきました。大人になった今3匹の猫達と好きなように暮らしてます。人間って良い人もいれば悪い人もいる。良い人だって、時には悪いに人にもなる。だけど動物達はとてもピュアで、こちらが心を開けば、人間よりも深い愛を持って接してくれる。私が猫達を拾うのは、彼らの気持ちがよくわかるからです。辛い状況から救って欲しいと心から叫んでいるのがわかるから。。その辛さが自分のことのように私にも伝わり、いてもたってもいられないからです。雨の日や雪の日、暑い夏の日、外で路頭に迷っているかもしれない仔猫のことを思わずにはいられません。世界中で人間の犠牲になって命や住処を奪われる動物達の事を思わない日はありません。全ての生き物が幸せに暮らせる日が来る事を願わずにはいられません。人間が動物達に対して、もっと憐れみと慈しみの心を持ってくれる事を願わずにはいられません。

  16. ひろみ | URL | -

    keikoさん
    こんにちは
    私には、彼らの気持ちがわかる、とは言い切れないのです。知り用はずのないものだと思うし、おそらく一生わからないとおもいます。何がつらくて、何が幸せなのか、何をどう感じるのかもわかりません。想像はできても理解はできませんし、その想像は私の主観でしかありません。私の価値観で彼らを捉えることしかできないからこそ、迷うのだと思います
    ただ、自分の信じるようにしか人は生きられませんから、それでいい、というか、仕方ないのだと思うようにはしておりますが…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marumarukajitsu.blog69.fc2.com/tb.php/908-e7b82e79
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。